AndTechのUV硬化材料技術の基礎と硬化不良メカニズムとその対策の製品カタログをダウンロードできます。UV硬化材料の配合での酸素硬化阻害対策とは! y光ラジカル重合 M05010 FT-IRによるリアルタイム測定 FT-IRを用いて高速かつ連続的にスペクトルを測定するリア ルタイム法(またはKinetics法)は、UV硬化反応のような一過 性の過渡現象をモニタリングする手法として有用である。 技術情報協会/2010.1. 酸素クエンチングと酸素スカベンジングのメカニズム ; 1.1 酸素クエンチング ; 1.2 酸素スカベンジング ; 2. 0000000016 00000 n 第2節 ラジカル重合における酸素による硬化阻害への各対策手法(1) 1. ... 3.2 酸素による硬化阻害 酸素阻害への対策手法 2-1. 抗酸化物質にはビタミンcやeのように、酸素が関与する有害な反応を単独で抑制する物質が知られている。このような抗酸化物質は低分子の抗酸化物質に多く認められ、多くの場合は酸素ラジカルあるいはそれから派生したラジカルを停止させる反応を起こす。 0000102440 00000 n 易に引き抜かれる。このようにして出来た脂質ラジカル は酸素と結びついて脂質ペルオキシラジカルとなり図1 のラジカル連鎖反応が進む。 *1)WADA,Shun:東 京水産大学食品生産学科 〒108東 京都港区港南4-5-7 52 マテリアルライフ 1993年7月 0000002239 00000 n 抗酸化物質にはビタミンcやeのように、酸素が関与する有害な反応を単独で抑制する物質が知られている。このような抗酸化物質は低分子の抗酸化物質に多く認められ、多くの場合は酸素ラジカルあるいはそれから派生したラジカルを停止させる反応を起こす。 第6章 酸素によるuv硬化阻害対策 . 第2章 第2節 〔2〕 酸素による重合阻害対策 175; 第2章 第2節 〔2〕 1. 第3章 新しい光重合開始剤、増感剤の特性と応用 . 分類:技術動向 照射光源の種類にかかわらず、酸素は塗膜中に拡散し、他のラジカルに比べてはるかに反応速度の遅いラジカルを生成し、 それが重合を阻害することにより、アクリレートの硬化を阻害する。このプロセスを図1 に示す。塗膜中への酸素の拡散速度 皮膜中のラジカル重合反応と酸素の影響 当館請求記号:pa441-j93. 4.uvラジカル硬化(2) 4.1 酸素硬化阻害対策法:添加物の利用(アミン、エーテルなど)チオール・エンuv硬化) 4.2 uv硬化物の黄変 4.3 硬化物の耐候性 5.uvカチオン硬化:酸素共存下でも利用できる硬 … 0000004993 00000 n 0000001968 00000 n 4.uvラジカル硬化(2) 4.1 酸素硬化阻害対策法:添加物の利用(アミン、エーテルなど) チオール・エンuv硬化) 4.2 uv硬化物の黄変 4.3 硬化物の耐候性 5. uvカチオン硬化:酸素共存下でも利用できる硬化法 5.1 uvカチオン硬化の長所と欠点 第3章 新しい光重合開始剤、増感剤の特性と応用 . 光重合反応は空気中の酸素によって阻害されるので、空気に触れている紫外線硬化樹脂の表面の硬化を短時間に処理するにはには254nmの紫外線強度が高いBタイプの集光ミラーが有効です。 酸素阻害への対策手法 25; 第2章 第2節 2. ラジカル. 分類:技術動向 硬化 酸素阻害なし,体積収縮小,密着性良, 金属基板の腐食なし 低感度 皮膜中のラジカル重合と酸素の影響とは? ラジカル重合は、酸素による重合阻害があるが、光開始剤として水素引き抜きタ イプの開始剤(ベンゾフェノン)とアルキルアミンを併用することによって硬化障害を解決でき 0000007623 00000 n 0000004915 00000 n 当館請求記号:pa441-j173. 0000102742 00000 n 0000001699 00000 n 硬化物性のコントロール 176; 第2章 第2節 〔2〕 2. uv硬化樹脂のイオン濃度 177; 第2章 第2節 〔2〕 おわりに 180; 第2章 第2節 〔3〕 光硬化の硬化物評価・挙動解析 181 0000129142 00000 n 0 第6章 酸素によるuv硬化阻害対策 . startxref 第1節 酸素による重合阻害の低減対策 1.酸素による励起状態の失活とラジカルの捕捉 1.1 酸素による励起状態の失活 1.2 酸素によるラジカルの捕捉 2.酸素による重合阻害の低減対策 2.1 配合面からのアプローチ 2.1.1 ワックスの使用 硬化 酸素阻害なし, 体積収縮小, 密着性良 金属基板の腐食あり、湿度の影響大 アニオン. p0�409020,`p p�T4 U(@� @H�_��"�lP'�|�l���j)��" ��Q � 8�L ?����lo�^~�o��׿��y}�o��^�=�����ٮw刺n��>��{���__����)��پ�nG{�^~n��^��LJ�}��h/����Yc4n���lo��_���i3A4@V�H=��� 0000006815 00000 n @@@@@@ - ”z‡ÝŒv‚É‚¨‚¯‚郌ƒxƒŠƒ“ƒO«‚Ì•t—^ - 機能性アクリレートの選び方・使い方事例集. 4.ラジカル重合 4.1 深部層へのUVS-581の添加効果(Photo DSC) 4.2 最表面層へのUVS-581の添加効果(Real-time FTIR) ... 第4章 UV硬化における硬化不良と対策. 第1節 uv硬化における酸素による硬化不良メカニズムと対策 ; 1. 0000001255 00000 n 1.ラジカル重合 1.1 光重合開始剤 1.2 モノマー、オリゴマー ... 7.UV硬化実際~酸素阻害 8.UV硬化実際~硬化収縮 ... 第5章 各種技術ポイントとトラブル対策 硬化物性のコントロール 176; 第2章 第2節 〔2〕 2. uv硬化樹脂のイオン濃度 177; 第2章 第2節 〔2〕 おわりに 180; 第2章 第2節 〔3〕 光硬化の硬化物評価・挙動解析 181 成長反応の阻害. �-T&�xh.�Z��E�VhM"�[%ag��J�=����,���C�v�g��3�$�l"��(��J�����禂.���e����ۃ�\�Ğn]�q�"�E� ����Bֱ��'(T(T(E�.b�GtP�"�R�35�j��C�=� ���3���rw�ͫg+��{\J���J�eY��؇ӣ��p&��Vl}f��-���|�"��Q�v��$ Z�,:��W�>/��'iv�m��t�3�E��K��~�"v%� ʢ"�E�R�֊�`pxOK���Z_�Գ1gH�d�X�wi}i^D�mZY텗wbE�v%�[��h�C�H�S�f�7�ܻi��#'VS!��*�ש��`���Y��� ]�|~�Ft����/qL��"^0�9�s�E�6�ݺ�E+T�>�h��hҜ;V�E�,;m�QEj�u'r��ڣ��^��Emڣ�f�����ۻ�����2r��ob�Ů/�Nj�d�E�S��zB��J&�t��C(̹Z�B����)��aguʞ��39�2O�&bO�IvY�U�$����y�Z%Oq���.#��_'f�V43KtD���-ܞ��{R! 装置のセッティング条件とは? 光重合反応は空気中の酸素によって阻害されるので、空気に触れている紫外線硬化樹脂の表面の硬化を短時間に処理するにはには254nmの紫外線強度が高いBタイプの集光ミラーが有効です。 <]>> trailer h�|�I��F��wi�r@j�^x��������zz��u����Ћ��S9DddDdd����/��=������c���>��o��_ގ���ϟ^�=�OǷ'�����>���?���[��������û���_������O?ٿ�? uv. 光ラジカル重合開始剤 1.1 光ラジカル重合開始剤の種類と特徴 1.2 増感剤の利用 1.3 酸素阻害 2. 第1節 酸素による重合阻害の低減対策 1.酸素による励起状態の失活とラジカルの捕捉 1.1 酸素による励起状態の失活 1.2 酸素によるラジカルの捕捉 2.酸素による重合阻害の低減対策 2.1 配合面からのアプローチ 2.1.1 ワックスの使用 4.uvラジカル硬化(2) 4.1 酸素硬化阻害対策法:添加物の利用(アミン、エーテルなど) チオール・エンuv硬化) 4.2 uv硬化物の黄変 4.3 硬化物の耐候性 5. uvカチオン硬化:酸素共存下でも利用できる硬化法 5.1 uvカチオン硬化の長所と欠点 光カチオン重合開始剤 AndTechのUV硬化材料技術の基礎と硬化不良メカニズムとその対策の製品カタログをダウンロードできます。UV硬化材料の配合での酸素硬化阻害対策とは! uv. 388 0 obj <>stream ‚邽‚߂ɂ́H 0000129926 00000 n 4.ラジカル重合 4.1 深部層へのUVS-581の添加効果(Photo DSC) 4.2 最表面層へのUVS-581の添加効果(Real-time FTIR) ... 第4章 UV硬化における硬化不良と対策. 礎的な知識、さらにラジカル重合反応においては避けて通れない酸素による重合阻害に関して、わかりやすく紹介する。 また、UVインキを使用するにあたって問題となることの多い密着性について、インクジェットインクの組成と基材密着性と 0000109903 00000 n 酸素クエンチングと酸素スカベンジングのメカニズム ; 1.1 酸素クエンチング ; 1.2 酸素スカベンジング ; 2. スチレンを塩基で処理せず、そのまま減圧蒸留しました。tert-ブチルカテコールなどの重合阻害剤はある程度除かれていると思います。現在は-40度で保存し、使うときだけ室温に戻して使っています。凍結脱気や超音波を照射するなどの脱 %PDF-1.4 %���� uv. 2.1 硬化雰囲気からのアプローチ 25; 第2章 第2節 3. endstream endobj 387 0 obj <>/Size 362/Type/XRef>>stream 1節 光重合開始剤・増感剤の反応機構と最適な選定、使用法 1. 硬化 酸素阻害なし,体積収縮小,密着性良, 金属基板の腐食なし 低感度 皮膜中のラジカル重合反応と酸素の影響 y光ラジカル重合 M05010 FT-IRによるリアルタイム測定 FT-IRを用いて高速かつ連続的にスペクトルを測定するリア ルタイム法(またはKinetics法)は、UV硬化反応のような一過 性の過渡現象をモニタリングする手法として有用である。 0000007085 00000 n 酸素は「O」ですが、これも酸素分子としては「O2」と表します。 酸素「O」の場合は、原子番号8、つまり陽子の数は8個ですから、電子は通常8個です。電子の軌道K殻には2個の電子しか回ることができませんから、残り6個の電子は次の軌道L殻というところを回ることになります。 機能性アクリレートの選び方・使い方事例集. uv硬化のトラブル原因とその対策事例集. 硬化の形態としては表1 に示してある通り,ラジカル重合により硬化するものとカチオン重合に硬化 するものとに分けられる。カチオン重合においては,酸素重合阻害等を解決する利点がある。ラジカ 光ラジカル重合開始剤 1.1 光ラジカル重合開始剤の種類と特徴 1.2 増感剤の利用 1.3 酸素阻害 2. ラジカルの生成(光源と開始剤) 2. 酸素 受ける 受けない 受ける*2 硬化阻害 s・n・p化合物 受けない 受ける 受けない 酸、アルコールなど 受けない 受ける 受ける 特長 項目 ラジカル重合 uv付加 ラジカル・縮合併用 タイプ 速硬化、低硬度~高硬度 シリコーンとポリイミドシリコーンの 第2章 第2節 〔2〕 酸素による重合阻害対策 175; 第2章 第2節 〔2〕 1. 0000002104 00000 n *現職:化成品事業部 の作用によりアルキルラジカル(R•)を生成する。 住友化学2009-II 19 高分子添加剤の新展開 New Development of Polymer Additives 住友化学(株) 精密化学品研究所 高 橋 寿 也 相 馬 陵 史 木 村 健 治* 乾 直 樹 Sumitomo Chemical Co., Ltd. AndTechのUV硬化材料技術の基礎と硬化不良メカニズムとその対策の技術や価格情報などをご紹介。☆UV硬化材料の配合での酸素硬化阻害対策とは! 硬化の形態としては表1 に示してある通り,ラジカル重合により硬化するものとカチオン重合に硬化 するものとに分けられる。カチオン重合においては,酸素重合阻害等を解決する利点がある。ラジカ 0000148863 00000 n 0000149375 00000 n 技術情報協会/2010.1. 3月21日 uv硬化材料技術の基礎と硬化不良メカニズムとその対策(神奈川県)。☆uv硬化材料の配合での酸素硬化阻害対策とは! 酸素は「O」ですが、これも酸素分子としては「O2」と表します。 酸素「O」の場合は、原子番号8、つまり陽子の数は8個ですから、電子は通常8個です。電子の軌道K殻には2個の電子しか回ることができませんから、残り6個の電子は次の軌道L殻というところを回ることになります。 酸素阻害機構 24; 第2章 第2節 2. uv. 酸素による重合阻害. 第1節 uv硬化における酸素による硬化不良メカニズムと対策 ; 1. 添加剤や体質顔料による改善は? 第2章 第2節 ラジカル重合における酸素による硬化阻害への各対策手法(1) 24; 第2章 第2節 序論 24; 第2章 第2節 1. ... 3.2 酸素による硬化阻害 「ジラジカル」的な性質を有し、ラジカル種に対して高い反応性を示す。2 その結果、酸素はラジカルを捕捉して反応性の低い ペルオキシ化合物を形成し、ラジカルとラジカルとの相互作用によって生長する鎖を停止させる。酸素阻害によって、重合 0000000853 00000 n ★材料への泡のかみ込み? 7)。 これらインク,システムからの対策により日本食品安全性 スを用いて,ラジカル重合阻害の原因である酸素を少なくし た状態でUV露光をすることで効率的に重合反応が進み,未 反応モノマー量を大幅に低減することが可能となった(Fig. ラジカル. xref 3月21日 uv硬化材料技術の基礎と硬化不良メカニズムとその対策(神奈川県)。☆uv硬化材料の配合での酸素硬化阻害対策とは! 362 0 obj <> endobj 光硬化技術の原理と実際をきちんと理解できるセミナー!光硬化型材料の設計、評価法、各種トラブルの原因と対策等!講師東亞合成株式会社 r&d総合センター 専門主幹 博士 佐々木 裕 先生受講 … 酸素はラジカルとの反応性が高くラジカル重合タイプのuv 硬化樹脂の重合反応を阻害します この酸素阻害を低減させるため不活性ガス( 窒素)下でのuv 照射が効果的です 0000104081 00000 n 0000149163 00000 n 1節 光重合開始剤・増感剤の反応機構と最適な選定、使用法 1. 0000129439 00000 n 「ジラジカル」的な性質を有し、ラジカル種に対して高い反応性を示す。2 その結果、酸素はラジカルを捕捉して反応性の低い ペルオキシ化合物を形成し、ラジカルとラジカルとの相互作用によって生長する鎖を停止させる。酸素阻害によって、重合 x�b```b``d`g`�\� Ā Bl@����� v���D|�5�g pHh0H��I�+���9pP��۰�iֽ����>������g�M�۾�^�h�V_TP�!a�s����Ec3P��PGG���`ю���T �+���iq �+Wed(a�8�������K��2��&hl�Ja,�Rfhb�`�_2ׁÂi�7�DP0*0l`� ʈ0p=�� (``P Ÿ@‘æ11Í‚Í’˜ìŒ ‚Ì“s‡ãAŒfÚ‚µ‚Ä‚¨‚è‚Ü‚¹‚ñB. 照射光源の種類にかかわらず、酸素は塗膜中に拡散し、他のラジカルに比べてはるかに反応速度の遅いラジカルを生成し、 それが重合を阻害することにより、アクリレートの硬化を阻害する。このプロセスを図1 に示す。塗膜中への酸素の拡散速度 第1節 硬化阻害を防ぐには? 1. 酸素阻害機構 2. 当館請求記号:pa441-j93. UV硬化の基礎・製品応用・トラブル対策の理解から最新動向までしっかり解説。UVLEDは?エン・チオール硬化は?硬化阻害は?硬化収縮は?開始剤は?水系のuv硬化は?陰の部分を硬化させるには? 紫外線硬化・uv硬化型樹脂に携わる方必読の書! スチレンを塩基で処理せず、そのまま減圧蒸留しました。tert-ブチルカテコールなどの重合阻害剤はある程度除かれていると思います。現在は-40度で保存し、使うときだけ室温に戻して使っています。凍結脱気や超音波を照射するなどの脱 uv. uv. 光カチオン重合開始剤 技術情報協会/2011.12. 0000007221 00000 n 易に引き抜かれる。このようにして出来た脂質ラジカル は酸素と結びついて脂質ペルオキシラジカルとなり図1 のラジカル連鎖反応が進む。 *1)WADA,Shun:東 京水産大学食品生産学科 〒108東 京都港区港南4-5-7 52 マテリアルライフ 1993年7月 0000129636 00000 n ラジカルuvインクの場合,酸素が重合を阻害する.酸素 は基底状態で三重項状態にあるためラジカルとの反応性が高 く,ラジカル活性種と容易に反応してヒドロペルオキシラジカ ル(e)を形成する.このラジカルはモノマーとの反応性に劣 酸素 受ける 受けない 受ける*2 硬化阻害 s・n・p化合物 受けない 受ける 受けない 酸、アルコールなど 受けない 受ける 受ける 特長 項目 ラジカル重合 uv付加 ラジカル・縮合併用 タイプ 速硬化、低硬度~高硬度 シリコーンとポリイミドシリコーンの 皮膜中のラジカル重合と酸素の影響とは? endstream endobj 363 0 obj <>/Metadata 164 0 R/PieceInfo<>>>/Pages 163 0 R/PageLayout/OneColumn/StructTreeRoot 166 0 R/Type/Catalog/LastModified(D:20100604213931)/PageLabels 161 0 R>> endobj 364 0 obj <>/ProcSet[/PDF/Text]/ExtGState<>>>/Type/Page>> endobj 365 0 obj <> endobj 366 0 obj <> endobj 367 0 obj <>stream 0000007472 00000 n 添加剤や体質顔料による改善は? 硬化雰囲気からのアプローチ 3. !�z�rhe}��L�b�dؽD�'���TgWv%U�t�զs����T'�%b�L�IN�drF�=s8 �._M~POΑ�'��;��9�;2SHX��r�-�D�I�M�|�ia�" ��K��bո�9�q�fg�yH�_.V�7�=J)�=�3-%ٳ�e;�6�,:DX�rس�꩜Q{����S�n+�Kl�yb�[d�EѾe��x$�YjB�=#����|BT6v�Yw?�s����$i�����2RW�C�2*#�qD�cSیfǁu'�q�H����I��{��S&�π�iq"�qr�S�̫�"t9/����:��R�`�Ȟ-�ˊ.��� W�-��V{�ɺWMP�Ϯ�A�z�/9C��~���,B���ř�����w�e�_;C����� #��f�@u�l���+���N��K�MT�〢��9❝.ѽ_N'SN�I�LT��X�;ET��5+R[��2g����%a?/=ˤY.�^Vt�S%�]���ԉ.P9uR[e}�!j�. 1.ラジカル重合 1.1 光重合開始剤 1.2 モノマー、オリゴマー ... 7.UV硬化実際~酸素阻害 8.UV硬化実際~硬化収縮 ... 第5章 各種技術ポイントとトラブル対策 362 27 0000110126 00000 n 装置のセッティング条件とは? 0000001436 00000 n 光硬化技術の原理と実際をきちんと理解できるセミナー!光硬化型材料の設計、評価法、各種トラブルの原因と対策等!講師東亞合成株式会社 r&d総合センター 専門主幹 博士 佐々木 裕 先生受講 … ラジカル重合を厳密に実験行う場合、窒素気流下で重合操作を行ったり、重合系を真空脱気したりするのは、何故ですか?酸素を除去するためです。酸素は、分子状態でラジカルなのです。酸素分子は、1分子中に2つの不対電子を持っているの %%EOF 分類:技術動向 ★材料への泡のかみ込み? x�bb������8�f�;� \�� 硬化 重合速度大、材料が安価 酸素阻害あり, 体積収縮大, 密着性悪 カチオン. AndTechのUV硬化材料技術の基礎と硬化不良メカニズムとその対策の技術や価格情報などをご紹介。☆UV硬化材料の配合での酸素硬化阻害対策とは! 硬化 重合速度大、材料が安価 酸素阻害あり, 体積収縮大, 密着性悪 カチオン. 硬化 酸素阻害なし, 体積収縮小, 密着性良 金属基板の腐食あり、湿度の影響大 アニオン.