シルバー人材センターに登録する高齢者はなぜ増えない?重労働にも関わらず最低賃金を下回る配分金が問題か!? 安保・外交・経済・歴史・日本中心 < アイヌ人は存在しない 利権だけが巨大化; 家賃の増額には応じるな 周囲の部屋より高ければ家賃減額もできる > 2020年01月22日 17:00. 情報・テキスト. それなのにアジア各国への介護の輸出は出来るのかと、不安が募ります。 306, 時期尚早と言いたいところだが、進めてみればよいと思う。 現在の日本が高齢化社会であることは誰もが知るところでしょう。この記事ではより詳しく日本の高齢化の現状、またそこに至った理由などを説明していきます。そうすることでより高齢化社会の深刻さと老人介護への看護師不足の影響などが理解できます。 まして、嫌いなアジア人の為になんで日本人がそこまでする必要がある 173, 海外進出が本格化すれば、介護職員は語学の習得を迫られる可能性もあります。 Vol. 日本の総人口は現在減少に転じる中で、これまで生産者人口として経済を支えてきた人々が次々と高齢者人口へと移り変わり、今なお高齢化が進んでいる状況です。 →考えにくいですね。他国語をそう簡単に習得できるとは思えません。まして現地で働きながらならなおさらです。インドネシア語はローマ字発音なので、日本人には習得しやすいとは聞きました。 349, さまざまな業界で活躍する“賢人”へのインタビュー。日本の社会保障が抱える課題のヒントを探ります。, 認知症や在宅介護、リハビリ、薬剤師など介護のプロが、介護のやり方やコツを教えてくれます。, 要介護5のコラムニスト・コータリこと神足裕司さんから介護職員や家族への思いを綴った手紙です。, 講師にやまもといちろうさんを迎え、社会保障に関するコラムをゼミ形式で発表してもらいます。, 漫画家のくらたまこと倉田真由美さんが、介護や闘病などがテーマの本・映画の作家たちと語り合う企画です。, 超高齢社会に向けて先進的な取り組みをしている自治体、企業のリーダーにインタビューする企画です。, 介護食アドバイザーのクリコさんが、簡単につくれる美味しい介護食のレシピをレクチャーする漫画です。, 認知症の母と過ごす日々をユーモラスかつ赤裸々に描いたドキュメンタリー動画コンテンツです。, 介護業界でカリスマの呼び声高い和田行男さんが“理想の介護”を語る動画コンテンツです。, 小規模多機能型施設・あおいけあを舞台に、“あたりまえの介護”を新米介護士が学んでいく漫画です。, ノンフィクションライター・中村淳彦さんが現場の最前線で働くゲストを迎える対談企画です。, 「賢人論。」128回(中編)毛利衛氏「生きることは「生きたい」という意思をなくして成り立つことはない」, 第968回「CHASE」に関する加算が来年度より新設!データ入力などの負担感は大きく普及に壁も, 「賢人論。」128回(後編)毛利衛氏「人間が生き延びていくためには“個人の智恵”が求められる時代に入った」, 第966回通所介護の口腔ケアに加算が新設!今後は介護職員への口腔ケアの教育なども課題に, 第880回高齢者宅で火災相次ぐ!隣家に火災を知らせる報知機の活用などの火災対策が急務, ※入居に関する相談用のフリーダイヤルです。求人・入居者への連絡・電話番号等の案内は承っておりません。, 「アジア健康構想」で介護のグローバル化が進む!?2035年以降を見据えて、日本式介護の輸出が急務となっている理由とは?. なぜ日本では認知症有病率・発症率が増加しているのか? 介護サービスに個人的な興味があり、ときどきサイトを拝見しておりますが、こちらのサイトを拝見する限り、我が国に明るい介護社会はないように感じております。 1 RIETI Policy Discussion Paper Series 19-P-017 2019 年10月 経済成長はなぜ必要か ~ マクロ経済と少子高齢化 小林 慶一郎(慶應義塾大学/経済産業研究所) 要 約 現在の経済政策が直面する四つの課題を整理し、それぞれについて「マクロ経済と少子高 総人口に占める…, 超高齢国・日本。全国の100歳以上の高齢者は、5万8,820人(出典:厚生労働省、2014年9月15日時点)。前年(2013年)から4,423人増加し、44年連続で増加しているそうです。 欧州よりもアジアで急速に高齢化が進んでいる 人口減少と日本の未来(4)人口ボーナスと経済成長の関係. 平成30年度版、高齢社会白書でのデータを基に先進国の高齢化率の推移についてお伝えします。 ※出典:内閣府 内閣府が公表したデータによると、日本以外での高齢化率も右肩上がりなのが分かります。 ● 関連記事:世界の高齢化率ランキング TOP10 語学を習得し、アジア地域で活躍する介護職員が生まれる可能性も 韓国や中国が数年後には、急激な人口減少に見舞われるのが確実になっている。東アジアの急激な人口減日本の少子高齢化 . アジア諸国においても人口高齢化に向かう傾向は見過ごすことができないものになってきている。 本論文にある東アジアは日本・韓国・中国などに限らず、東南アジア諸国も含めた広い意味の東ア ジア地域を指している。これらの国々は、いずれも多産多死から少産少死への人口転換が完了してお り、これから順次本格的な少子高齢社会を迎えることが予測されてい� 倍加年数を利用した先行研究 世界保健機構(who)は,高齢化率が7%に 達した社会を「高齢化社会」,同じく14%に達す ると「高齢社会」と呼ぶ 6)。このため,倍加年数 とは高齢化社会が高齢社会へ転換する移行期間 津田塾大学総合政策学部教授. 日本は現在、世界一の高齢社会を迎えているといわれています。医療制度・生活保障制度・学校教育の充実が、高齢社会につながったものと考えられます。本頁では、一体何が世界一なのかを、高齢化率・高齢化速度・平均寿命について世界各国と比較しながら説明します。 Key words: グローバルな高齢化, 社会老年学の課題, 東アジアの高齢化, 高齢者と児童 (日老医誌 2004; 41: 263-265) グローバルな高齢化 2000年 の世界の総人口は60億7,000万 人, 2050年 に は約90億 人になるが, この間に高齢人口比率は, 6.9% から15.9%に まで上昇し, 今後半世紀でグローバルな 高齢化が急速に進展すると見込まれている. 「アジア健康構想」の資料を見ると、アジア諸国の高齢化率が急ピッチで進むことがよくわかります。 高齢化率は、2035年には韓国26.1%、シンガポール25.5%、中国20.3%、タイ21.7%に達します。 東アジアの急激な人口減 日本の少子高齢化と出生率の低さは世界的に有名で、子供用おむつより大人用おむつが多く売れる国として紹介された。 ところが東アジアの国は皆、出生率の低下に悩んでいて、比較すると日本はマシな方だった。 化が進むことが推測される。急速な少子化が進みつつ あるアジアNIEsはいずれも65歳以上人口の割合は、 高齢化の開始水準の7%を上回っている。 少子化の要因には、工業化、都市化、雇用労働力化、 晩婚化、女性の高学歴化などがあげられるが、その他 1 RIETI Policy Discussion Paper Series 19-P-017 2019 年10月 経済成長はなぜ必要か ~ マクロ経済と少子高齢化 小林 慶一郎(慶應義塾大学/経済産業研究所) 要 約 現在の経済政策が直面する四つの課題を整理し、それぞれについて「マクロ経済と少子高 今、問題としている高齢化、これはなぜ起こるのでしょうか? 本文冒頭の内容からすると、この高齢化はその国の経済発展に関係しているように思えます。 経済が発展すると、様々な面で生活環境が豊かになっていきます。 これにより、”医療”が高度化し長寿命化することが、高齢化の一番 介護もその一役を担えると思う。 396, 日本式介護の輸出が急務となっている理由とは? 9. 森田朗. 世界における高齢化問題は、先進国よりも開発途上国で深刻化 する。 地域的にみれば、出生率が著しく低下したアジア地域で高齢化が早く進展する。高齢化社会 (高齢化率7%以上)から高齢社会(同14%)への移行年数でみると、ほとんどの国は日本より 目 次 Ⅰ.はじめに Ⅳ.認知症発症に影響を与える要因 Ⅱ.世界の高齢化に関する統計データ Ⅴ.おわりに Ⅲ.先進国の認知症有病率・発症率の傾向 主任研究員 高杉 友. 貧しいとされる地域において、雇用を生むことで、富も安定した生活も教育も充実します。 海外メディアのすべてが、日本経済の縮小を言い出しました。少子高齢化の影響が2019年から本格化し、どうあがいてもgdpが下がっていくと警告しています。 >今の賃金では、語学の習得にまで資金投資をしようとは思えない。ケアマネ更新は自腹だわ、介護研修は自腹だわ、もう使えるお金がない。たとえ無料で語学研修が受けられたとしても、仕事と語学研修では気力も体力も限界を超える。 299, アジア貢献は立派なお考えだと思います。 韓国の出生率は世界最低記録更新を続けている。昨年3月までは韓国が日本の高齢化率を抜くのは2065年と見られていた。それが現在、2045年と20年も早まった。 「人口高齢化期」に向かう開発途上国においては、高齢者の生活を安定的なものとするために、 医療や年金を保障する社会保障制度が構築されなければならない。しかし、開発途上国における 社会保障制度の構築は、所得水準やインフラ設備・法制度の整備状況などで制約を受けるため、 先進 【アジア・新興国】なぜ韓国の高齢者貧困率は高いのか-公的年金が給付面で未成熟、成熟してもなお課題山積-の記事ならニッセイ基礎研究所。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。 これが日本がこれから行うべき事柄で、世界中に貢献できることであると考えている。 化が進むことが推測される。急速な少子化が進みつつ あるアジアNIEsはいずれも65歳以上人口の割合は、 高齢化の開始水準の7%を上回っている。 少子化の要因には、工業化、都市化、雇用労働力化、 晩婚化、女性の高学歴化などがあげられるが、その他 開発途上地域とは、アフリカ、アジア(日本を除く)、中南米、メラネシア、ミクロネシア及びポリネシアからなる地域をいう。 (2)我が国は世界で最も高い高齢化率である. 高齢化は日本を含め世界でも深刻な問題となっています。この記事では日本の高齢化の現状や、進行することで起こる問題、取り組まれている対策などを紹介します。 世界における高齢化問題は、先進国よりも開発途上国で深刻化 する。 地域的にみれば、出生率が著しく低下したアジア地域で高齢化が早く進展する。高齢化社会 (高齢化率7%以上)から高齢社会(同14%)への移行年数でみると、ほとんどの国は日本より この悪循環の構図が、少子高齢化の大きな原因です。 2.結婚や出産を望まない人が増えた 「高齢者の人口増加に反して、子どもの数が減っている」という少子高齢化社会ですが、なぜ子どもの数が減っているのかというと、いくつかの原因があります。 なぜ韓国の高齢者貧困率は高いのですか?の記事ならニッセイ基礎研究所。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。 日本や欧米のみならず、アジア各国では現在少子高齢化が進んでいます。その中でもタイは、aseanの中で最も少子高齢化が進んでいる国であるといわれています。以下にそのことを示すデータを2つ紹介します。 日本の介護システムは世界に誇るべきもの―。そんな信念を根底に、日本が誇る介護の技術やシステムをアジアの諸地域に輸出する官民連携のプロジェクト「アジア健康構想」が、2016年夏から始まっています。アジアにおいて、急速に進む高齢化に対応した健康長寿社会の実現を目指した取り組みで、アジア地域の持続可能な経済成長を支援する目的です。, アジア地域への地域包括ケアシステムの構築や日本の民間事業者などによる介護システムの輸出促進を支援する方針です。今回は、「アジア健康構想」をひも解きながら、日本の介護システムの輸出について考察します。, 「アジア健康構想」の資料を見ると、アジア諸国の高齢化率が急ピッチで進むことがよくわかります。高齢化率は、2035年には韓国26.1%、シンガポール25.5%、中国20.3%、タイ21.7%に達します。それに伴い、高齢者向け市場も拡大し、韓国においては36兆円もの規模になる見込みです。, 中国は、このなかで見れば、高齢化率は中位に位置していますが、人口13億人を擁する大国であるだけに、介護を必要とする高齢者数は約2.6億人に上る見込み。この人数は、アメリカの人口(約3億人)に迫る数字です。, 政府がアジア地域に向けて、日本の介護システムの輸出を目論む理由は、主に2つ挙げられるでしょう。, ひとつは、「高齢化社会に対応する社会制度や産業などがアジア地域に存在していない」ことです。中国では、日本の介護福祉士にあたる「養老護理員」という資格はありますが、専門知識や技術は不十分のようで、職業として確立されているとは言えないのが現状。アジア地域に日本の介護システムを輸出することで、介護産業の勃興を支援するだけでなく、高齢化社会に対応する社会基盤の整備を国際協力として行う方針です。, もうひとつは、「介護事業者の収益向上」です。日本の高齢者人口は、いわゆる「団塊の世代」が75歳以上となる2025年には、前期高齢者を含めるとその人口は3,500万人に達します。その後も増加するものの、2042年には3,863万人でピークを迎え、以降減少に転じると推計されています。, 当然、高齢者人口の減少に伴い、介護需要も減少すると見込まれることから、新たな市場開拓が介護業界にとって課題となっています。また、介護保険財政がひっ迫しているなか、政府が十分な介護報酬を支払うことができないという背景もあり、収益源の多角化を後押しする狙いもあります。, 昨年夏に健康・医療推進戦略本部で決定された「アジア健康構想に向けた基本方針」。これを見ると、介護システムの輸出に関する政府の基本的な考えを理解することができます。輸出は、東アジアや東南アジア、南アジアを優先しつつ、さらに中央アジア、西アジアおよび北アジアも視野に入れています。, 当初5年間は、介護ノウハウを持つ民間事業者への支援を優先する方針。そのための取り組みは以下の通りで、官民が連携して行います。, 1.協議会の設置 官民共通の課題を整理し、具体的な対応を行うためのプラットフォームを設立。, 2.事業資金調達支援など JICA(国際協力機構)やクールジャパン機構などを活用し、介護関連海外事業などへの資金調達を支援。, 3.事業の組成など支援 JETRO(日本貿易振興機構)によるオフィス機能の提供のほかアジア地域での介護ビジネス事業化を支援。, 「協議会の設置」については、早速動きがあります。今年2月に政府や企業、介護事業者、業界団体などが参加し「国際・アジア健康構想協議会」を立ち上げる予定です。パナソニックや三菱商事など100を超える企業や団体が連携するプラットフォームが設立されます。 もちろん、政府間協力も介護システム輸出にとって必要不可欠なもの。政府は民間事業者の輸出支援を行いながら、下記の協力を行います。, 1.協力の枠組み整備 地域包括ケアシステムの構築などを支援するため、高齢化対策を包摂した政府間の協力覚書を作成。, 2.具体的協力 WHO(世界保健機関)健康開発総合研究センターをハブとして、国内外の知見を集積し、発信。アジア地域では、介護福祉士や理学療法士のように専門職がおらず、育成が重要課題。専門能力養成に向けたカリキュラムのノウハウをアジア地域に提供する。, 3.調査、研究の促進 WHO(世界保健機関)健康開発総合研究センターや東アジア・アセアン経済研究センターなどの国際機関とも連携し、アジア地域の高齢者関連施策を調査、研究する。, 4.人材育成と還流の促進 アジア地域における人材育成に寄与するため、医学部をはじめ健康、医療分野の留学生を増やす。また、介護福祉士などの専門学校への留学生も積極的に招致。, このように政府と民間が協力することで、制度面、人材面から介護システム輸出を考察し、アジア地域において日本の介護システムが普及するよう後押しします。, 今年は、下記図の通り、「アジア健康構想」の第一段階にあたります。官民挙げた、上述した取り組みが行われ、来年初頭には「アジア健康構想に関する第二段とりまとめ」が発表される予定。第二段階では、日本においては外国人材の採用が円滑化し、アジア地域においては日本式介護事業が普及した状態を想定しています。, ここからは、介護システム輸出の課題について見ていきましょう。主な課題は4つ挙げられるでしょう。ひとつは「カスタマイズ化」です。アジア地域と一口に言っても、伝統、文化、宗教はさまざま。そのため、日本の介護システムをそのまま輸出しても定着しない恐れがあります。日本の介護システムをアレンジし、現地仕様にできるかが普及の肝となるでしょう。, 次に「人材不足」です。たとえ社会インフラとしての介護システムの輸出が成功したとしても、そこで働く人がいなければ意味がありません。政府は、留学生を増やすなどして海外人材を日本で育成する方針を今のところ取っていますが、アジア地域で進む急速な高齢化に対して、人材供給が間に合うか懸念されます。, そして「縦割り行政」です。「アジア健康構想」は、内閣府や法務省、外務省、厚生労働省、経済産業省が協力して作り上げたもの。実効性のあるものとするためには、省の枠を超え、私益を排したうえで連携する必要があることは言うまでもありません。, 最後に「介護システムの認知に時間がかかる」ことです。アジア地域で高齢化が現実のものとなるのは時間の問題ですが、高齢化に対する危機感は薄いのが実態。介護システムへの認知度が上がらなければ、一般市民へ普及するスピードには期待できません。アジア各国と協力しながら、官民挙げた広報活動も必要となってくるでしょう。, 2035年、アジア地域には多数の高齢者が暮らすようになります。一足先に高齢化した日本の知見は、アジア地域にとって重要な資産となるでしょう。, 上述した通り、当初5年間は、民間事業者による介護システム輸出が主眼となる方針。アジア地域で介護人材を採用することが難しいことから、日本で活躍する介護職員がおそらく現地に赴任することになるでしょう。すなわち、介護職員の国際化も進むというわけです。海外進出が本格化すれば、介護職員は語学の習得を迫られる可能性もあります。, アジア地域の高齢者は膨大な人数に上ります。官民挙げた輸出プロジェクトがどのように進展するのか。介護事業者はもちろん介護職員の働き方にも関わるだけに注視する必要があるでしょう。, 平均寿命が年々伸長するなか、長期化する高齢期の経済的安定をどのように図るか、社会的な課題になっています。厚生労働省は今月2日、昨年12月に生活保護を受給した世帯数が過去最多を更新したと発表し…, 現在、高齢者人口は3000万人を超え、今後も増え続ける見込み。平均寿命は男性が80.5歳、女性が86.3歳と過去最高を更新。平均寿命は年々、右肩上がりで上昇しています。 なぜ「地域包括ケア」をアジアに紹介すべきなのか? アジアの国々のほとんどは、介護保険制度をもたず、医療保険制度が未整備な国も多いです。これらの国は今後、日本を超えるスピードで高齢化が進むことが予測され、このままでは医療・介護の保険制度やサービス、社会福祉制度が整備されないまま、深刻な高齢化を迎える可能性が高いと思われています。 そ� 世界のニュース トトメス5世. 本稿は木村良一氏の寄稿です。なぜ、日本をはじめとするアジアの国々では「コロナ感染」や「コロナ感染死」が少ないのだろうか。新型コロナウイルス感染症の最大の謎で、欧米からは次のような声が次々と上がっている。「日本は犠牲になりやすい高齢者が多い国にもかかわらず、欧米のような完璧な閉鎖ではなく、外出の自粛という国民任せの緩やか →日本人の思い上がりでしょう。日本のやり方が東南アジアの文化や生活に合っているとは思えません。事実、崩壊寸前の介護保険制度を取り入れるはずがないと思います。 高齢化社会や高齢社会、超高齢社会という言葉が世界中で使用されていますが、この言葉には国際的に明確な定義はありません。 日本政府は、高齢化社会という用語は1956年の国連報告書において、当時の欧米先進国の水準を元にしながら、仮に7%以上を「高齢化した(aged)」人口と呼んだことに由来するのではないかとされており、高齢化率は国際的に共通した尺度として使用されています。 この高齢化率というのは0~14歳 … タイの少子高齢化の現状. 2020. 日本は現在、世界一の高齢社会を迎えているといわれています。では、一体何が世界一なのでしょうか。 まず、「高齢社会」であることを表す数値として、「高齢化率」があります。高齢化率とは、そのエリアに住む全人口のうち、65才以上の人口が占める割合のことで、%(パーセンテージ)で表します。 日本の場合、平成28年(2016年)に高齢化率が27.3%となりました1)。これは世界のどの国よりも高い数値です。 「老人クラブ」はネーミングに難あり?会員数が減り続けるなど衰退の一途を辿る現状、復活への一手は名称変更!? 「アジア健康構想」の資料を見ると、アジア諸国の高齢化率が急ピッチで進むことがよくわかります。 高齢化率は、2035年には韓国26.1%、シンガポール25.5%、中国20.3%、タイ21.7%に達します。 人口の増減に最も大きく影響するのが、出生率です。 出生率は一定人口に対する年間の出生数で測られる指標。そのなかでも、ニュースなどでよく取り上げられるのが、合計特殊出生率です。この指標は、一人の女性が生涯に何人の子供を持つか、を計測しています。計測方法として、一人の女性が出産可能である期間とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示しています。 合計特殊出生率を算出することで、異なる母 … その地域において、永続した事業展開をする事で、ノウハウなどを得た地域住民が、やがて自立した生活を営めることに意義がある。 ‚邽‚ß‚É“ú–{‚ªs‚¤‹¦—ÍŽ–‹Æ‚Æ‚µ‚ÄŠÖŒW‘ŠÔ‚ňʒu‚¯‚ç‚ê‚Ä‚¢‚éB. 少子高齢化問題は、先進国特有の問題ではなくなっているのはご存知でしょうか。1960年半ば以降のアジアは、生産年齢人口(現役世代)が従属人口(高齢者や子ども)を上回っている状態の人口ボーナス期(※)にありましたが、2010年以降は高齢化の成長等を表す人口オーナス期を迎えています。 これは少子化による要因もありますが、1970年以降は急速に高齢化が進んでいるのが現状です。 高齢化社会から高齢社会へ移り変わってきた日本の高齢化の進行はどのように推移してきたのか、その時代の背景や要因とともにこの記事で紹介します。 日本が世界でも最も高齢化が進んでいることや、ロックダウン(都市封鎖)などの強制力が強い対策を採用しなかったことなどを考えるとなおさら謎が深まる。 日本の文化が原因か? よく言われているのが、日本の独特な文化が原因ではないかという意見だ。 すなわち挨拶で握手をしないしハグもしない。そしてキスもしない。あるいは自宅には土足で上がらない、� 高齢化社会から高齢社会になるまでの期間をみると、フランスが115年、スウェーデンが85年、英国が47年という中で、日本は24年という比較的短い期間で高齢社会となっている。その他アジア諸国についてみると、シンガポールで17年、韓国で18年、タイで22年など、日本以上のスピードで高齢化が進展することが予測されている(第2-5-1-5表)。 …, 移民反対の時代の流れで逆行する。 高齢者はフィットネスクラブがお好き?100歳以上の高齢者が増加する背景には、現役世代よりよっぽど高い“健康”への意欲があった!. 日本や欧米のみならず、アジア各国では現在少子高齢化が進んでいます。その中でもタイは、aseanの中で最も少子高齢化が進んでいる国であるといわれています。以下にそのことを示すデータを2つ紹介します。 「人口高齢化期」に向かう開発途上国においては、高齢者の生活を安定的なものとするために、 医療や年金を保障する社会保障制度が構築されなければならない。しかし、開発途上国における 社会保障制度の構築は、所得水準やインフラ設備・法制度の整備状況などで制約を受けるため、 先進国に比べて困難である。また、どのような社会保障制度を設計するかは、� タイの少子高齢化の現状. のない貴重な旅となった。なぜなら、そこには貧困という福祉の原点があり、自分 が日常的にケアをしていた明治・大正生まれの高齢者たちの目に焼き付いている日 本の戦前の農村とそっくりの暮らしの風景が広がっていたからだ。 今日の日本では想像もできない内戦による緊張感、一生移住 なぜ高齢化の基準は7%からなのでしょうか?キリのいい数字じゃないわけが知りたいです。1956年の国連による当時の欧米先進国の水準を基にしたことが由来で、国際的な共通した尺度になったとか。ここまでは調べるとでてきます。ただ、なぜ (出典:内閣府「令和元年版高齢社会白書」,2019) (出典:内閣府「令和元年版高齢社会白書」,2019) (出典:内閣府「平成30年版 少子化社会対策白書」,2018) 高齢化の先に待つ未来. アジア諸国は後進国と呼ばれている国々も多く、今本当に必要なのは雇用であると考えています。 第1節 高齢化の状況(3) 3 高齢化の要因. ただ、私はもうすぐ高齢者(65歳前提として)になるので、我が国の介護サービスの充実があってこそのアジア貢献だと思っております。 東南アジア諸国は歴史上稀にみる高度経済成長に沸いている。しかし、光もあれば闇もある。経済規模が拡大するにつれ、世界経済の荒波に揉まれるリスクは高まり、少子高齢化時代の到来も近い。これからの10年、東南アジア諸国が直面する挑戦は人類が初めて経験するものかもしれない。 高齢化の要因は大きく分けて、 年齢階級別の死亡率の低下による65歳以上人口の増加、 少子化の進行による若年人口の減少、の2つである。 (1)年齢階級別の死亡率の低下による65歳以上人口の増加 人口高齢化の速さに関する先行研究 2.1.